冷えとむくみについて

 

冷えとむくみの関係について。

 

自律神経の乱れなどにより、特に冬場は冷えにお悩みの方も多いのではないでしょうか?

当院でも、女性のお客様のほとんどが手や足の冷えを自覚されています。

中には冷えを気付いていない方もいらっしゃいます。

 

気温や普段の生活の中で受ける様々なストレスによって冷えは起こります。

「冷えは万病の元」と言われますが、本当にそうだと思います。

たかが冷え、そうとらえていると他の症状を引き起こしてしまいます。

鍼灸や整体、おうちでのセルフケアなどこまめに体調を整えてあげることがとても大切です。

 

冷えが原因として引き起こされる症状として、誰もが体感しやすいむくみがあります。

 

人は二足歩行である以上、一日過ごしていたら重力によってむくみが起きてもおかしくはありません。これは急性のものなので一日のあいだに解消されます。

しかし、痛みや慢性的になっている場合、器質的な問題や静脈やリンパの還流が悪くなっている可能性が高く、慢性的に冷えも感じるようになってしまいます。

 

女性の場合、自律神経とホルモンバランスが密接に影響し合っています。そのため冷えによる血流悪化が起きやすく、むくみが起こりやすくなっています。男性と比較すると筋肉量や代謝量が低いことも影響しています。

 

冷えやむくみは進行すると痛みや運動障害にも繋がります。

そんな体質だとあきらめず、一緒に万病の元を解消させていきましょう。


[大阪市中央区上本町 谷町六丁目 自律神経 鍼灸心理 藤治療院 整体院]