不眠症

 

睡眠障害。

とてもつらい症状です。

それは単純に睡眠時間が短くなり、眠たくなることだけではありません。

 

慢性的な睡眠障害は体力や意欲・集中力などにもマイナス方向にリンクするため、日中も睡眠について意識してしまいます。

症状が長引くほど、精神的にも大変です。

 

不眠は現在では、大きく4つのパターンに分類されています。

 

1、入眠障害

2、中途覚醒

3、早朝覚醒

4、熟眠障害

 

これらは1つだけの場合もありますが、複数のパターンを併せ持っている方も少なくありません。

1~4すべてあるという方も。

 

服薬されている場合、薬(種類・量)の不適合・耐性・副作用等により日常生活に支障が出ている可能性もあります。

 

ストレスによる自律神経の乱れやホルモン過剰分泌。

覚醒や睡眠に関わる体内の物質の加減。

また、体質的に不眠症になりやすい方もいらっしゃいます。

 

藤治療院では、まずは心身をリラックスさせて上記の原因に対してアプローチしていきます。

鍼灸治療は効果も良く、副作用がほとんどないため安全に続けることが可能です。

合わせて食事・運動・入浴などの日常生活因子や、ストレスとの付き合い方も一緒に改善して行きましょう。


[大阪上本町 谷町六丁目 自律神経 鍼灸心理 藤治療院 整体院]