夏バテ

暑い日が続きます。

少し外出するだけでも、ダラダラと汗が流れ出ます。

大量の発汗は気を消耗します。

だから、暑い夏は普通に生活しているだけでも気が不足がちになります。

加えて食生活の乱れ。

どうしても、麺類などで食事を簡単にすませてしまったり冷たいものが増えたり・・・。

この栄養不足やおなかへのダメージが悪循環を生み、夏バテを促進します。

 

からだの健康を支える「気・血・津液」は食事から得たものにより作られます。

そして、気が不足するとより汗をかきやすくなる。

気はからだにとって必要な水分をとどめておく役割を担っているからです。

 

気の不足(気虚)は、夏の食事管理がとっても大事。

栄養のバランス・摂取量・飲み物(つらいけどビール)に少し目をむけて猛暑を乗り切りましょう。

 

[大阪上本町 谷町六丁目 自律神経 鍼灸心理 藤治療院]